奇跡の画家と呼ばれた石井一男さん

おっ、いいね?♪, 天声猫語

f0040342_16573679

今日の情熱大陸で紹介された内容は

 “奇蹟の画家”と呼ばれる男がいる。神戸の下町で静かに暮らす画家・石井一男が描くのはその殆どが『女神』と題される作品だ。キャンバスから浮かび上がってくるかのような『女神』の表情は慈愛に満ち、柔らかく、強く、そして美しい。決して派手ではないが観る者の心を一瞬にして鷲づかみにする石井の絵は個展を開けば瞬く間に売れて行く人気ぶりで、近年静かなブームとなりつつある。
 番組では石井の静かで満たされた創作の日々を一年間にわたって取材、震災から15年を迎える神戸で、孤独の果てに画家が辿り着いた「美と幸福の基準」を探る。

 古びた長屋で潔いほど質素に、だが美しく気高く絵にだけ向かって生きている石井さんの姿は神々しくさえあった。自分はこんな風には生きれないなあと思いながら、声を出さずとも伝えることは出来るんだなあと感服しました。

よかったらシェアしてください・・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on TumblrPin on Pinterest

コメントを残す

20 − eleven =