「日本以外全部沈没」見たどー

よもやま

 オープニングの「ツカミ」はB級らしさいっぱいで、「おー、いいぞ、いいぞ」って見てたんだけど時々出てくるヒューマンな香り(わざとなんだろうけど)がウザくてせっかくの破天荒なアイデアをぶち壊してしまっていた。
 最初からB級映画になることを承知して作ってるんだから最後まで「テーマ」や「教訓」みたいなもんは捨てて欲しかったすね。原作読んでないので分からないけど、本人も出てたくらいだから、ほぼ原作の意図は汲まれているんだろうけど、最後まで訳の分からないSFでいえば「星新一」の奇抜さのほうが全然上だろうな。
「筒井康隆さん、がっかりだよー」

よかったらシェアしてください・・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on TumblrPin on Pinterest

コメントを残す

3 × four =