あくまで推論ではあるが・・・ホリエモン狩りがいよいよ始まった

天声猫語

 ライブドアとホリエモンがクローズアップされた段階で、僕は周囲にその怪しさを伝えていた。
IT業界としてライブドアという会社は当時ほとんど何も目覚しい事業を成功させていなかった。それなのにTV大好きホリエモンのスタンドプレーと株操作だけで、どんどん大きくなっていた事に疑問を持たなかったのは一般投資家だけでなくマスコミも同様だった。
 個人的にホリエモンという人間を知っているわけではないが、僕は生理的にキライです。
 先日、集団訴訟で76億支払い命令が地裁の判決で決まり、いよいよホリエモン狩りがスタートしたんだけど、これも不思議。ホリエモン個人に対する刑事事件の判決がいまだに決着していないのに何か順序が違うんじゃないの?って感じます。そもそも株取引につきまとうリスクはいつでもあるわけで、ちょっと考えればライブドアが妙な会社だってことは普通に判断できたようにも思えるんですね。
 かなりの人がホリエモンという怪しげな人物に夢を感じて株を買った側面もあると思うのです。もちろん賠償責任はあるんだけども、買った側の自己責任を全て賠償しろというのも???です。
 おそらくホリエモンは全ての裁判に負け、全財産を没収されることになるでしょう。それでいいと思います。彼が本物なら再び立ち上がってくるでしょうから。そこのところは見てみたいもんです。
 一般人・マスコミ、そして自民党の政治家までいいようにダマされて踊らされたみたいな扱いになってますが、このあたりにTV時代の危うさを感じてしまうのです。
TVのNEWSを見て、
新聞を読んで
ワイドショーを見て
「ほー、そうなんだ」ってうなづいてる日本人のなんと多いことか。
ほとんどウソだと思ったほうがイイですよ。
あまりの情報の多さゆえに真実が埋もれてしまっているのです。
おそらくホリエモンは加害者であると同時に被害者なのかもしれません。
この事件の真相はあまりに恐ろしいために、おそらく永久に明かされないような気がします。

よかったらシェアしてください・・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on TumblrPin on Pinterest

コメントを残す

twenty − 1 =