McIntoshが、シスコンを作った!

おっ、いいね?♪

オーディオフリークのあこがれマッキンが創業60周年を記念してブックシェルフサイズのシステムコンポ「MXA60」を発表した!
友人がマッキンのカーステレオを一時期軽トラに付けていた時期があったのには笑っちゃいましたけど、今回のは価格も価格($7,500)なんで笑いごとではないと思いますが・・・

あの青く光るVUメーターは健在で、デザインはまぎれもないマッキンです。
背面から見える中央の大きなトランスらしき物もマッキンっぽいですね。
が、さすがに今時。LANポートらしきものもありますが、どういう使い方をするのかは何も書かれていません。

<主な仕様>

  • 真空管プリアンプ
  • 出力:75W/ch
  • CDプレイヤー/FM・AMチューナー
  • XLRキャノン出力(何に使うんだろう?)
  • 2ウェイスピーカー

けっこう長いオーディオライフを経験してきたんですが、残念ながら自分用にマッキンを持ったことはないです。球の時代のC22+275 といった組み合わせに一番魅かれた記憶があります。

金沢のカフェで、この組み合わせにJBLのランサーを合わせてRockを流している店がありましたが、今もあるのかなあ?あったとしてもオーディオ機器は多分みんな壊れて、入れ替わっている事でしょう。

本家サイト

よかったらシェアしてください・・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on TumblrPin on Pinterest

コメントを残す

three × 5 =