Contact Form 7のデータをデータベースに保存するWPプラグイン

プラグイン, WordPress

”Contact Form 7”はWordPressで標準ともなっているメールフォームのプラグインです。 ここで入力されたデータをデータベースに保存して2次利用、3次利用しようというのが、ここで紹介する”Contact Form 7 to Database Extension”というプラグインです。

上図で見れるように入力されたデータは表形式として管理画面で見れるだけでなく、編集・削除なども可能です。利用期間が終わったらテーブルごと削除してデータベースの負荷を無くする事も出来ます。

<機 能>

  • データをCSVデータなどでエクスポート出来る。
  • 様々なクエリー(条件をつけた絞り込み)を使ってWP上に結果を表示できる。

<利用方法>

  • 会員リストの作成・・・会員に情報を入力してもらい、それをデータとして保存できる。
  • 集められたデータのクロス集計などをWP上でリアルタイムに自動表示できる。
  • アンケート集計・・・アンケートデータを集めて結果をリアルタイムに表示
  • Contact Form 7の入力ページを限定メンバーだけに表示させる事で社内や支店の売上報告を集計できる。日計・月計・年計などにも対応出来そうです。
  • その他様々な集計、データ管理に使えます。

<欠 点>

  • データが多くなってくると複雑なクロス集計などの表示に時間がかかる。
  • 日本語化されていない

 

おおよそは直感的に分かるかとは思いますが、テーブルを削除するリンクが管理画面のわりと上部にあるので、ここだけは触らない様に注意が必要です。それでも使い道のかなり広いプラグインですので、ぜひ日本語化して欲しいですね。「自分でやれ」って話ですね。時間を見て取り組んでみますか。

 

よかったらシェアしてください・・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on TumblrPin on Pinterest

コメントを残す

17 − 12 =