キレイな生パスタを使ってフレンチシェフに料理を作ってもらいました

グルメ

草花をサンドイッチした生パスタを作っている会社があります。この会社からホームページ開設の相談を受けて、やはり料理となった状態を見せたいと考え、知人のフレンチシェフにお願いして、「これを使って何か料理作ってもらえないかなあ」と相談したところ、快諾していただき早速作っていただきました。

3品作っていただいたのですが、どれも美しい仕上がりでした。
撮影終了後、試食もしました。美味しいーーーーーー

OPENを予定しているサイトはWEBショップです。この素晴らしい食材を美しい料理を見せることで、売れるショップにしていくのが、今後の課題です。がんばりますか!

[nggallery id=11]

三品のメニューは、

  • 季節の花々と それらを織り込んだラヴィオリのサラダ
    サフラン風味のヴィネグレットとバルサミコのソース
  • クリームチーズとナスタチュウムのラヴィオリ
    木苺のジュレとサフラン風味のクレーム添え
  • 香草を織り込んだラヴィオリ 新玉葱の冷たいスープ仕立て

充分に(約4分半)ゆでられた後冷やされたパスタはもっちりしながらも、はじから溶けていくような舌触りが絶品で、パスタの新しい食べ方を示唆してくれるかのようです。

 パスタといえば「アルデンテ」のような画一的な風潮が日本にはありますが、パスタの形態は多様で、それぞれの良さがあります。それぞれのパスタ種類や料理ごとに異なるゆで方・使い方で、もっとパスタ料理が楽しめそうですね。

今回の草花を織り込んだ生パスタを使ったメニューでは中華のワンタン、日本の白玉に通ずる食感がありました。シェフの柔軟な感性から生み出されたメニューから、新しい食の喜びを感じた1日でした。

よかったらシェアしてください・・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on TumblrPin on Pinterest

コメントを残す

nine + three =