郵便番号 → 住所自動入力機能 ‥‥ WordPress用プラグイン

プラグイン, WordPress

[Wordpress用のプラグイン名] ‥‥ 「zipaddr-jp

 

[主なポイント]

  • WordPressで稼働するフォームで、郵便番号から住所の自動入力が可能となります。
    具体的には、Welcart、contact form 7、等で利用できます。
  • 利用の準備は、プラグインを組み込むだけです。
  • 利用方法は下記の「id名の命名規則」に従ってhtmlを作成するだけです。

※郵便番号から住所の自動入力を、最大6か所で同時に利用できます。 WordPressのフォームでは `必須のプラグイン` です。

[id名の命名規則]  
・郵便番号、都道府県、市区町村、地域、各欄のid名を、次のように定義してください。   
(1) zip (zip-zip1)、 pref、 city、 addr   
(2) zip2(zip2-zip21)、pref2、city2、addr2   
(3) zip3(zip3-zip31)、pref3、city3、addr3   
(4) zip4(zip4-zip41)、pref4、city4、addr4   
(5) zip5(zip5-zip51)、pref5、city5、addr5   
(6) zip6(zip6-zip61)、pref6、city6、addr6

[実際に利用する]
◎Welcartは、そのまま動きます。  welcartの識別は、「uscesL10n」、「id=”zipcode”」、の有無で判定しております。
◎Contact Form 7は、「WordPressメールフォームプラグイン Contact Form 7」の説明を参照下さい。

※ヘッダー (header.php)の追記は不要です。  
※利用するライブラリの最新は、zipaddr7.js となっております。

○その他のフォーム(未確認)  
上記の「id名の命名規則」に従ってhtmlを作成すれば、ご利用が可能なハズです。

 

参照記事: http://zipaddr.com/wordpress/ http://wordpress.org/plugins/zipaddr-jp/

よかったらシェアしてください・・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on TumblrPin on Pinterest

コメントを残す

seventeen − nine =