ビートルズ リマスター

音楽ネタ

マスコミ的には大騒ぎになっているが、おそらくビートルズファンは粛々と買いに走るだけで、特に大騒ぎするような事ではないだろう。ほとんど始めてと言ってもいいようなリマスターだから音が良くなるのは当たり前の話だ。

■NHKはやっぱりスゴイ!
それよりもビックリしたのは昨夜NHKで深夜放映された「よみがえるビートルズ完全版」だ。タイミングといい、内容といいパーフェクトです。バックに流れる楽曲は全てリマスターされたもので、TVの貧弱なスピーカーでさえ分かるほどサウンドに奥行きがあり、解像度が高まっている。

なつかしい写真やフィルムにからめながら、メンバーとジョージ・マーティンの生コメントが字幕付きで紹介されたのがすごく面白かった。

■「Tommorrow Never Knows」 ミスチルじゃありません。
一時期彼らはインドに心酔していたのは知っていたが、ジョンがリボルバーで書いた「Tommorrow Nwver Knows」がチベットの「死者の書」に触発されたものであり、ダライ・ラマへの傾倒までが語られていた事だった。

ずっと後になって僕自身が同じように「チベットの死者の書」を読みダライ・ラマへ傾倒する事になったことは、ほんとうに偶然だと思うけれど、ジョンと同じような道を辿れた偶然はそれはそれでうれしいものだ。

■で、買うの?買わないの?
ビートルズは大好きだけど、今回のリマスター版はたぶん買わないかな。オーディオレベルで音楽を聴く習慣はずいぶん薄くなってしまっているんです。

よかったらシェアしてください・・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on TumblrPin on Pinterest

コメントを残す

one × five =