10月の末に友人が突然倒れ、手術を受けた後リハビリ生活を続けている。脳障害のため右半身が動かず、まだ上手く話せないし、思考もちぐはぐになっている。リハビリで少しずつ回復はしているようだが・・・

 ずいぶん昔、やはり友人が原因不明の病気で体重が30kg台(身長が180cm)にまでなった事があったが、当時いた大阪から戻り見舞いに行っているうちに数週間で治ってしまったことがあった。ひょっとしたら自分の中に何か力があれば今回も助けられるかもしれないと、かすかな期待を持って何度か見舞いに行ったが様態はあまり変わらない。

 今回の見舞いでは元気だった時と同じく何もなかったように軽口で話しかけている。こちらが話していることは多分分かっていると思うので普通に話すことにしている。ほとんど毎日のように顔を合わせていた友人だっただけにポッカリ穴が空いた感じは日々強くなってくる。先日は元気になった彼をからかっている夢を見た。

 彼が入院してから何だか涙もろくなった気がする。

歌を聞いても涙があふれ、ドラマで誰かが泣けば涙が出てくる。

どうにも抑えきれない。

寂しさなのか  悲しさなのか?

彼の回復を僕は本当に信じているし、待っている。

今日も沢木耕太郎作の「深夜特急」主演以来ファンになった大沢たかおのTVドラマ「仁」で2日続けて泣かされた。

「早く帰って来い!!!」と思う毎日です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です