小泉首相は独裁者になった・・・

天声猫語

 「なんで私の言う事が分からないのかが分からない」もはや小泉氏の最後に差し出すご印籠のようになってしまった。相手が分からない。という事は説明が足りないか、その説明に不合理があるからだ、という認識(常識)を彼は持てなくなってしまった。
 
 発言ぶりだけ見れば、北朝鮮のキムさんと同列と言っても過言ではないだろう。「太平洋戦争は必須であり聖戦だった」と明言する靖国神社に参拝する事は公人としては、どう考えても無理がある。「一個人として行っている」と言うが、彼は「公人」なのであるから、そんな理屈が通るはずもない。
 もし彼が靖国に行く理由があるとすれば、「あの時代の政府が誤った判断を行ったために大切な国民の命を失わせてしまった」という事を政治家として戦没者やその家族たちに詫びるために行くという事しかないだろう。
 そうした説明、言明があれば内外ともに納得されるだろうし、靖国の管理者たちの「太平洋戦争は正しかった」とする態度を変えさせ、彼らを全て入れ替えるくらいの英断が無ければ永久に世界の人々に理解されることはあり得ないと僕は思う。
 靖国を参拝する政治家たちに、そんな心情がある様には、とうてい思えない。やつらはクズだ!日本をダメししている張本人であり彼らこそが現在のA級戦犯なのだと言いたい。

よかったらシェアしてください・・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on TumblrPin on Pinterest

コメントを残す

20 − two =