GoogleノートブックとEVERNOTE

おっ、いいね?♪, インターネット

Googleノートブックはサービス開始から、けっこう経っています。EVERNOTEの派手な話題に埋もれていますが、使い勝手は負けていません。

そんなサービス、どこ探しても無いんですけど・・・
そうなんです。Googleのサービス一覧を見ても最近は削除されているようで、入り口がないんですね。
http://google.com/notebook/ から入れます。Googleのアカウントを持っていれば、すぐにスタートできますよ。

※ノートブックは新規にはアカウントを取れないかもしれないが・・・

Googleノートブックの構成
ノートブック>セクション>メモ という3つで構成されています。

  • ノートブック:フォルダと思ってもらっていいでしょう。好きな名前を付けられます。
  • セクション:見出し
  • メモ:本文

使い方例
ノートブック名:WordPress
セクション名:プラグイン
メモ:様々なプラグインについて、いくつものメモを書き足していきます。

左側のメニューではノートブック>セクション名が階層化されて自動的にメニューが作られます。

1.新しいセクションを作る
まず該当する「ノートブック」の名前を左側のメニューでクリックします。
「新規メモ」ボタンをクリックするとメモのスペースが出てくるので、右側にある「セクションを入力する」をクリックしてセクション名を入力します。

2.メモを書く
該当するセクションをクリックしてから、1.と同じに「新規メモ」をクリックして、メモを書くか、コピーしたものがあれば貼りつけます。
ローカルにある写真を貼りけることはできませんが、WEB上にあるものなら、リンクだけでなくスタイル・写真までそのまま貼りつけられます。これはとても便利です。ホームページやブログの中の一部だけをドラッグしてコピーして貼りつけられるのは秀逸です、

3.セクションやメモの移動

作ったメモやセクションは簡単に移動が出来ますので、間違って違う場所に書いても大丈夫!メモやセクション内の移動はドラッグ&ドロップにも対応しています。左側のメニューへのドラッグ&ドロップもOK。

EBERNOTEとの比較

  1. 容量は1GB(Googleの他サービスとの合計)。年間$5で20GBまで増量できる。安いですよね。
  2. マルチメディア対応でないだけに直感的で分かりやすい
  3. 他のホームページからのコピー&ペーストでは、写真だけでなくレイアウト、リンクまで全くそのままの形で持ってこれる。
  4. ローカルの写真を直接掲載できない。(WEB上にあればコピー&ペーストで使える)

どちらも素晴らしいサービスですが、僕はGoogleノートブックのほうが好きです。

ただGoogleがノトブックのサービスを止めるのではないかという噂もあります。
ただ、心配はしていません。EVERNOTEではGoogleノートブックをインポート出来ますし、Googleの事ですから何かそれに代わるサービスを考えているでしょう。Googleドキュメントで代替だとちょっと悲しいですが・・・

よかったらシェアしてください・・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on TumblrPin on Pinterest

コメントを残す

one + five =