オシムで闘って欲しかったワールドカップ

天声猫語

 奇跡的に1次リーグを突破して以来、ダメ監督の岡田は一気に英雄扱い。
あまりにバカげた話だけど、スポーツの世界はいつも結果論で、「勝てば官軍」だ。

今でも僕はオシムに指揮を取ってもらいたかったと思っている。選手を育て、チームを育てることの出来る数少ない名伯楽だからだ。岡田監督のあやふやな言動をみんな忘れてしまったかのようだ。なぜ駒野にPKを蹴らせたのかさえ意味が分からない。最後に残った11人の選手の中でもキックの正確度でいえば駒野は明らかに下に位置していた。

最後の最後まで岡田というのは訳のわからない監督だった。

よかったらシェアしてください・・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on TumblrPin on Pinterest

コメントを残す

1 × one =