究極のGUIはつまる所、アナログなんじゃないだろうか・・・

iPhone&iPad, おっ、いいね?♪

 iPadアプリでは様々な本物ソックリさんがGUI(操作画面)として使われている。実際のシンセサイザーと全く同じレイアウト、質感で表現されたものとかけっこういっぱいあります。

 先進的、未来的なGUIも魅力的ですが、新しい操作方法になじむのはまたやっかいなものがあります。iPadでは初期から指で書くメモ帳とかもありましたが、実際のノートに指でメモを書く人はいません。あるとしたら「砂に書いたラブレター」のように画面上に砂を敷き詰めて、指でなぞると砂がへこんでいく、なんてほうがリアルで気持ちがイイですね。サラサラと砂の流れる音が出るとさらにリアルになります。

 さて今回見つけたのはTASCAMの4チャンネル多重録音用カセットレコーダーのiPadアプリ。
良く出来てますねー。実際にはこんな機械は古臭くてもう作ってもいませんが、発売当時はけっこうイイ値段したもんです。初期モデルを忠実に表わすために余計な機能は全く付けず、当時の機能のままを再現しているのがニクい!!

・スイッチ類はガチャンと押し込むボタン
・時間表示は単なるまわるカウンター
・もちろんカセットも入ってますね。
・リバーブなどのエフェクトもありません。

1200円で当時の雰囲気がそのまんま味わえて、ジャマにもならなければ場所も取らないし、ケーブルも要らない。なんという事でしょう。AirPlayがもし対応していれば無線でTVから音も出せるってもんです。

「Old wine in New bottle」という言葉がありますが、まさにこれですね。
iPadのようなタブレットに持ち込めそうな古いものって、まだまだありそうです。

現代のTASCAMで4chレコーダーだと、こんな具合。これもまた安いですが、1桁違います。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%AF-DP-004-TEAC-%E7%B0%A1%E5%8D%98%E6%93%8D%E4%BD%9C4TR%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%ABMTR/dp/B001JIDCNO/ref=sr_1_10?ie=UTF8&qid=1291942371&sr=8-10

よかったらシェアしてください・・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on TumblrPin on Pinterest

コメントを残す

three × 3 =