やり過ぎSEOは体に良くない?

インターネット, ホームページ・テクニック, 天声猫語

■SEO?
あんまりWEBに詳しくない方でもビジネス用にホームページを持っている場合、「SEO」という言葉にだけは気をかけていらっしゃるケースを良く見かけます。「SEO(Search Engine Optimization)」は要するにYahooやGoogleなどの検索で見つけられやすくする技術みたいな意味です。

■「検索結果でNO.1」は一つしかない!
様々な業者がこの言葉を使って「あなたのホームページをYahoo検索で1位にしますよ!!」みたいなことを言って営業をかけてきますが、ちょっと考えてみればわかります。当たり前のことですが、一つのキーワードに対して「1位」はそもそも1個しかないのです。同じキーワードで複数のクライアントから依頼されたらどうするのでしょう?1日おきに入れ替えるってわけにもいかないでしょうしね。ハッキリ言って、そんな事は不可能なのです。

「SEOについて考えるな」ということではありません。見つけられやすくする作業は不可欠ですが、そもそもそれを業者に頼むことが間違っているのです。簡単なSEO対策はネットで調べればいろいろ出ていますから参考にされれば、そこそこの結果は出せます。

■検索で上位になったからといって成功する訳ではない
恒久的に検索結果で上位になるにはやはりコンテンツを充実させることが基本です。見る側にとって面白い内容、役に立つ内容こそが最大の「SEO対策」なのです。これを全く行わないで怪しげなテクニックをお金で買って一時的に上位に現れてもいずれ消えてしまうものなのです。
また、検索上位にきてアクセス数がどんなに増えたからといっても、肝心の内容が乏しければリピートは望めないし、ビジネスにとってのメリットなど何も起きません。

■お客様に対してSEOの話はほとんどしません。
ちなみに私が契約させていただいているサイトは全てYahoo、Googleいずれの検索結果でもほとんど10位以内をキープしています。とくに凝ったSEO対策をしてはいません。もちろんホームページを見やすくするための作業はやりますが、基本的にはコンテンツを充実させるためのお手伝いをしているだけです。マメな更新、コンテンツの拡充などを提案しています。

[参考記事]
・ヤフーが「虫眼鏡“SEO”」「関連検索ワード“SEO”」に明確にダメだし

よかったらシェアしてください・・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on TumblrPin on Pinterest

コメントを残す

14 − 7 =