カシオのCTK-900にハマって遊ぶ♪

音楽ネタ

20080608210514

これ価格.COMでみると えーーーっ、¥21,800かよ。買った時より2000円も安くなってるし。ピアノひける人、そうあなたあなた すぐ買いなさいな。とっても楽しいから。61鍵盤でそこそこ大きいけど重さは軽いです(中身あるの?ってくらい)。電池でも動きます。
何がイイって、まず音がイイですね。キータッチはミディ鍵盤の軽さでピアノタッチ。大きさは標準サイズなので弾き易いですよ。普段遊ぶ時はリズパターンを選んで「フルレンジコード」というモードで弾いてます。左手で普通に(3つ以上)コードを押さえて右でメロ。ま、普通に弾けばいいですね。すると左手のコードに合わせてバッキング(パターンによってバッキングの楽器は様々)がつきます。
いかにも「・・・風」ではありますが、なかなかしゃれたアレンジになていて気持ちがイイんですね。なつかしい曲を次から次へと弾いていくと涙が出てきそうになったり、思いっきりノッてきたりで、アドリブをかましながら弾きまくってます。
伴奏パターンは通常で2種類あってパターン2で盛り上げるようになってます。その他にイントロとエンディングがあります。
ま、同じルズムパターンだとイントロ、エンディングは全く同じなんでしょーもないんだけど、「またそれかよ」ってけっこう笑えます。「ちゃんちゃん」って感じでね。
JAZZは相変わらず使えるのはない(当然ですが)ので滅多に使わずJAZZのスタンダードをPOPSやストリングスバッキングなんかでやったりして遊ぶんですね。モンキーズ、トム・ジョーンズと古い曲ばっかし弾いていると、昔は、いいメロディーがたくさんあったなあーって実感します。最近の曲なんて吹っ飛びますから!!

よかったらシェアしてください・・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on TumblrPin on Pinterest

コメントを残す

3 × five =