雨どいを使ってケーブルを整理した♪

おっ、いいね?♪, 天声猫語

以前LifeHackerで見たやり方なんだけど、そこでは雨どいをデスクの天板の下にぶら下げる方式だった。しかしながら地元のホームセンターでは該当するパーツがなく、ほぼあきらめていた。

かたづけの極意は、床にモノを置かないこと・・・
 以前このオフィスの整理をお手伝いしていただいたカタヅケラボさんの言葉だったかと思う。「そーか、天板の下じゃなくても床の上じゃなきゃいいじゃん」と思いつき、ふたたび金具を探しにいった。

 ありましたねー。雨どいを横に止める金具。しかもステンレス製でフォルムも美しい。その代わりちと高くて1個400円くらい。金具さえ壁などに止めてしまえば後は雨どいをパチンとはめるだけ。板バネとフックがキチンと雨どいを押さえてくれる。誰が作ったのか、この美しい金具。

机の下側に配置したので、ほとんど見えない。
 設置は床から高さ40cmくらいで、ちょうどデスクの下になるように配置した。意識してのぞかないと見えないし、床には電源タップの元線1本だけが走っているのみ。

スッキリしますよー。

雨どいは75cmくらいのを2本作って2つのデスク下に使いました。いつでも移動も出来る。ついでに使っていないのにタップにささっていたACアダプタや不要なケーブルも整理したので、気分は上々♪

みなさんにもぜひオススメです。

材料は全てMUSASHIにあります。ただ雨どいは360cmくらいあるので、あらかじめ必要な長さを調べて、切ってもらうといいでしょう。金具は10個単位で買うと少しだけやすくなります。

よかったらシェアしてください・・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on TumblrPin on Pinterest

コメントを残す

eighteen − 5 =