初音ミクにオリジナル曲を歌わせた

音楽ネタ

初音ミクってだれ?
人ではありませんが、歌ってくれます。
DTMと呼ばれるコンピュータで音楽を作る技法があります。今では普通に発売されている音楽CDの中にも本当の(生の)楽器でないものが、かなり多く使われているのを知らずに聞いている人もけっこういると思います。
 小室の音楽にはほとんど生楽器はありません。しかしヴォーカルだけはなかなか上手く表現できずにいたのですが、いきなり進化したのです。聞いた瞬間誰しも人間が歌ってるとしか思わないほど、かなりリアルなのですね。
 実は私めはギターを初めて持った瞬間から作曲を同時に始めていたのです。作った曲は数百になると思うんだけれど多くはとうの昔に忘れていて手持ちはそう多くありませんが・・・
 曲を作ったものの自分の声は好きでなくて、自分の曲にピッタリのヴォーアルにも出会えずもんもんとしていたところに、このソフトが登場!さっそく歌わせてみました。
LISTEN!
前後して外国(スウェーデンだったかな?)で作られたSWEET ANNという女性ヴォーカルもあって、こちらは大人の女性ヴォーカル。いずれ彼女にも歌わせようと思ってます。男性ヴォーカルなんかも出てきそうな勢いなので楽しみです。

よかったらシェアしてください・・・Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
Email this to someone
email
Share on Tumblr
Tumblr
Pin on Pinterest
Pinterest

コメントを残す

3 × three =