「NETDUETTO」でバンドやろうぜっ!!

featured, おっ、いいね?♪, インターネット, 音楽ネタ

ヤマハが作った、ネットワーク越しに音楽セッションを可能にする技術なんですが、試してみました!!

■NETDUETTOとは?

インターネットなどのネットワークを介して、できるだけ小さな遅延(音の遅れ)で、高音質なオーディオを送受信するための技術です。これによって、インターネット越しに、離れた場所にいる人たち同士での音楽セッションや、デュエットを行うことができるようになります。

今回のTESTは同じ家の中ですが無線LANでインターネットにつながっている2台のMacでやってみました。YAMAHAの説明では30msec(0.03秒)以下の遅延でつながるとの事でしたが、Macにインストールされたアプリでは19mmsecという表示になっていました。

ほとんどズレを感じないで相手の音を聞くことが出来ました。「ニコ動ライブ」よりも結果はイイように思いますね。特にムズかしい設定とかはなくて、ルーム名(スタジオの名前みたいなもの)、パスワード(無くてもOK)、そして自分のニックネームを入力して始めればいいだけです。

最大で4人が同時に演奏できます。
生音だけでなく、音声ファイルを流すことも可能なので、あらかじめ録音しておいたベースとなる曲に合わせて演奏するといった事も考えられますね。

これだけで、全く離れた場所にいても時間だけ調整すれば各々が自分の部屋にいたままで合奏練習が出来るってわけです。スゴくないですか?

通信状況、サーバーの混み具合などによって音質の崩れなどがあるらしいのですが、技術進歩でさらに向上していくものと思われます。現にTVのストリーミングなどでも高い圧縮技術によってハイビジョンのリアルタイム配信をネットで行ったりされ始めています。

「NETDUETTO」で、バンドやろうぜ!!

よかったらシェアしてください・・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on TumblrPin on Pinterest

コメントを残す

4 × 2 =